Q)関節に水がたまるとよく聞きますが、どのような事ですか?
A)膝に水がたまるというのは関節液が多く作られ過ぎて関節の中にたまったものです。膝の中の滑膜と言う組織から関節液が作られます。なんらかの原因(外傷、変形性膝関節症、慢性関節リウマチなど)によって滑膜が炎症をおこし関節液をいつもより多く作るためにおこってきます。
Q)膝に水がたまると抜く必要があるのですか?
A)関節液がたまったからといって、かならず抜く必要はありません。関節液がたまり過ぎると関節を曲げにくくなるのがとく特長です。そのために日常生活に差し障りが出てくるようであれば抜くと楽になります。日常生活に支障がなければ、放置していてもかまいません。炎症が治まれば関節液の貯留は自然に少なくなってきます。
Q)膝にたまった水を抜くとくせになるときいたのですが?
A)関節液を抜くことが原因となって、たまり易くなるということはありません。しかし関節液を抜くこと自体は、関節液がたまる原因を治しているわけではないので、もとの病気が治らないかぎり水はたまります。
Q)膝に病気があるとき大腿四頭筋訓練をしますが、どのような効果があるのですか?
A)大腿四頭筋は膝関節の安定性に重要な役割をしています。どのような関節炎でも炎症を抑えるためには安静が大切です。大腿四頭筋を鍛えることにより膝の安定性が増すことにより、特に変形性膝関節症による膝の不安定性が原因でおこる関節水腫には有効です。
Q)膝の関節に注射をすると聞きますが、どんな注射をするのですか?
A)膝の周辺に注射をする場合、大きく分けて関節の中にする場合と、関節の外の組織にする場合があります。関節の外にする場合はほとんどが組織の炎症を抑える注射です。関節の中に入れる場合は病気によって、関節軟骨の状態をよくする注射か、炎症を抑える注射があります。
Q)何回も膝に注射をうって心配はないでしょうか?
A)関節の軟骨のための注射は継続しても、心配はいりません。炎症を抑えるための注射は効果が強いので長く使用する必要は余りありませんが、必要以上に関節の中に注入を続けていると 関節軟骨の代謝がおさえられ関節の変形を助長するので、長期に使用するのはよくありません
Q)膝には筋肉を鍛えるのがいいと聞いたのですが、どのどん歩くのがいいのですか?
A)鍛えるために歩くのは、膝が健康な人にはよいのですが、膝に病気のある人には勧められません。逆効果になります。膝に体重がかからない状態で筋肉だけを鍛える訓練が必要です。プールのなかで歩いたり、ビート板を使ってバタ足でおよぐのは膝に体重がかからないので勧めます。寝ころんで足を上げる訓練も退屈ですがテレビなどを見ながらやり続けると効果があります。

Q&Aに戻る