Q)腰が痛みます。コルセットの様なものを使ったほうがいいのでしょうか。
A)コルセットは筋肉の緊張をとるための治療道具です。コルセットや腹帯で腹圧を上げてやると、静水圧のため筋肉の緊張がなくても体を支えることができるようになります。コルセットをつけていると筋肉を安静にするできるのです。したがって、筋肉の緊張の強い腰痛症にには効果があります。自分の腰の痛みにコルセットが効果があるかどうかは、診察のとき聞いてください。
Q)腰痛症にもいろいろ種類があるのですか?
A)非常にたくさんの種類がありますが、年令を越えて多くの人におこる腰痛症は筋筋膜性腰痛症とよばれるものです。お年寄りに多いのは変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症などがあります。手術が必要となるものに腰椎椎間板ヘルニアがあります。同じ腰痛でも病気の種類により治療の方法は違います。
Q)腰椎牽引は腰痛の種類にかかわらず効果があるのでしょうか?
A)腰痛の種類は違っても筋肉の緊張がその病気を増強していることが多く見られます。筋肉の緊張が主な原因である筋筋膜性腰痛症にはもっとも効果的ですが、椎間板ヘルニアがある場合にも筋肉の緊張をとることにより椎間板にかかる圧力が減って、症状の改善をもたらすことがよくあります。しかし脊柱管狭窄症や変形性腰椎症のように効果のすくない腰痛症もあります。

Q&Aに戻る

石井整形外科のページ