Q) 温シップ、冷シップの使い分けはどうすればいいのでしょうか?
A) 打撲などの外傷の場合の急性期には冷シップを使うのが一般的です。慢性的な痛みの場合の温シップ、冷シップのの使い方の区別はそれほど厳密ではありません。ただし、使い捨てカイロなどで局所の温度を高めると、痛みに対して鈍感になります。慢性的な痛みは、一般的に暖めると楽に感じるのが普通です。冷えたり、前線が通過するときは痛みに敏感になるので、痛みを強く感じるのが普通です。温シップは、局所の温度はそれほど高くなりません。シップに含まれる水分量の違いやカラシのエキスなどによる局所の貼付感の違いで暖かく感じるものですので、温熱効果は期待できませんので、貼付してみて症状が楽に感じればどちらでも自分の好みでよいと思います。